背中ニキビは下着から見直す!早く治すためのインナー対策とは

大人になるとできやすくなるニキビの一つが背中ニキビです。背中ニキビ治し方を知ったところで一回できてしまうと何度もしつこく再発するので、正しい予防法を実践することで対処していく必要があります。原因は単一のものではなく、複数の要素が絡み合っていることが指摘されており、皮膚の乾燥による肌のバリア機能の低下、ストレスによる自律神経の乱れが招く皮脂の増加、インナーが肌との間に摩擦を起こすことなどが挙げられています。
これらの原因のうち、簡単に対処することがインナーを替えることです。肌への摩擦を減らすために、インナーの素材を点検することから始めてみましょう。背中ニキビができやすい、摩擦による刺激を与えやすい素材はポリエステルやナイロンなどの化学繊維だとされています。背中は想像以上にデリケートなので、化学繊維と肌が長時間こすれてしまうことで、肌の水分が蒸発してしまうインナードライになりやすくなってしまいます。インナーは入浴時以外はほぼ着用し続けるので、肌に与える負担も想像以上なのです。
背中ニキビになりにくい、肌に優しい素材はシルクやコットンなどです。特にシルクは身に着けているだけで保湿と保温効果があるので、価格は高めですが、背中ニキビできやすい肌のケアに最適です。ニキビができないように保湿をしていても、インナーで強い刺激を与え続けていては治るのが遅れてしまいます。シルクなどのインナーに切り替えることは、背中ニキビを早く治すことでもあるのです。